ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

東京オリンピックまで1年

東京オリンピック2020の開会まで1年を切った。様々なイベントも開催され、関連ニュースがマスコミをにぎわせている。
東京駅前広場にはカウントダウンの時計台が設置され、日本橋ではオリンピック関連の装飾物で街を飾るイベントが行われている。都庁では、携帯電話等に使われている希少金属を回収して製造したという金銀銅のメダルがオリンピック展示コーナーで公開され、2時間待ちの長い列ができていた。この際地上202mの45階展望室から建設中の新国立競技場でも眺めておこうかと思い立ったが、こちらはオリンピックとは無関係なものの、エレベーター前に30~40分待ちの大行列。観光ルートに組み込まれているのか、並んでいる方の半分が外国人であることに、改めて驚く。
やっぱり現地取材が大事と思い、新国立競技場まで足を運んでみると、工事が着実に進んでいることがよくわかる。「一大イベントが開催されるぞ」的なインパクトはない地味な印象の建物だが、大会後も長く活用されるという意味では良いかもしれないと納得する。
それにしても、35℃近い気温が続く東京の夏は暑い。こんな気候条件でのオリンピック、本当に大丈夫なのか。おまけに大混雑。東京の主要な駅は観光客であふれ、あちこちで改装工事もやっているから通路も狭く入り組んで混雑に一層の拍車をかけている。これらの工事、すべてオリンピック前に片付くわけでもなかろう。今こんな状態なのに、実際にオリンピックが開幕して観光客がどっと押し寄せたら、東京での普段の仕事や暮らしはいったいどうなってしまうのだろう。ちょっと憂鬱な気分になる、2019年の夏であった。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

東京オリンピックまで1年

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌