ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

変わる御茶ノ水駅聖橋口

2013年5月某日、降り立ったJR御茶ノ水駅聖橋口前には、23階建てビルを中心とした「ソラシティ」という名の複合施設ができていた(写真中左・下)。さらにその南側にはツインタワーを持つ「ワテラス」(写真中右)という施設が4月12日に同時開業、2つの施設は背中合わせに跨道橋で結ばれ、1つの施設のようにスムーズに行き来することができるようになっている。「ワテラス」の正面広場に出ると、地下鉄淡路町駅も近い。
さて、「ソラシティ」は日立本社ビルがあった場所、「ワテラス」は千代田区立淡路小学校の跡地というが、かつてどんな街並みだったのか、とんと記憶がない。
御茶ノ水といえば、個人的には学生の街というイメージだが、今回新しくできた大型施設は、なかなか面白い飲食店舗が入っているものの、建物の印象は総じて無機質で遊びが少なく、大手町ビジネス文化圏の影響が色濃く出ていて、学生街の空気は感じられない。独特のアーチ形が美しい聖橋(写真上)は、神田川を挟んで北側の湯島聖堂と南側のニコライ堂という歴史的価値のある2つの聖堂を結んでいることにちなむ命名なのだが、そうした雰囲気にマッチしているとも言い難い。
「御茶ノ水渓谷」にへばりつくように作られたJR御茶ノ水駅の景観は、都心でありながらも何処かのどかで、ささやかな安らぎを与えてくれる。聖橋口を中心とした駅舎の改築工事も計画されているそうだが、便利になる、耐震性が上がる、バリアフリー対応が進むといった機能面だけでなく、ぜひ御茶ノ水らしい情緒面にも配慮した再開発を目指してほしいものである。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌