ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

道路沿いのテラス席

わが西新橋・虎ノ門周辺では、企業の事務所が閉鎖した後にコンビニやカフェが開店することが案外多い。先日も会社の近くにコンビニができたが、その特徴の1つは、店頭の余剰スペース(?)にテラス席が設けられたことである(写真上左)。
こういった屋外のテラス席、近ごろ周りに増えてはいないだろうか。公園や遊歩道に隣接していたり、車の進入が制限されているような場所は何の不思議もないが、桜田通り(国道1号)や外堀通りといった車の通行の多い主要道路沿いにカフェなどのテラス席が目につくのだ。
排気ガスの悪臭が漂い、目が痛くなるような環境で、誰も好んでコーヒーを飲んだり食事したりはしない。そんなところにテラス席なんて設ける店もないはずだ。だからこれは、空気の汚れが改善されてきたことの反映ではないか、と思うのだ。
ちなみに東京都環境局の2011年7月の発表によれば、都内の大気汚染の状況は着実に改善されている。たとえば指標の1つである浮遊粒子状物質の濃度を道路沿いに設けている35の測定拠点のデータでみると、10年前に0.05mg/m3程度だったものが、平成22年度は0.025mg/m3へと半減している。光化学スモッグを形成する光化学オキシダントを除き、二酸化窒素、二酸化硫黄などの化学物質の濃度もほとんどの地点で都の基準をクリアしているそうである。ディーゼル車規制の効果が大きいとしているが、自動車全体の環境性能が向上した点も見逃せないだろう。街の空気がきれいになると、道路沿いのテラス席が賑わう…さてこの新説、ガッテンしていただけるでしょうか。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌