ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

都心を快適サイクリング

最近は自転車ブームといわれ、会社の近辺でも通勤に営業活動に、買物にサイクリングにと、結構よく自転車を見かけるようになっている。環境にも健康にも良い、経済的、駐車違反をさほど気にしなくてもよいなど、いろいろ理由があると思われるが、都心をスイスイと走っている自転車をみると、理屈抜きに楽しそうと思う。いつかはやってみたいと思っていたのだが、何しろ自宅から都心までは優に20キロはある。とても走ってくるような体力はないと半ばあきらめていたら、レンタサイクルという手があることに気付いた。調べてみると、あるじゃないの。
最初に注目したのは、JR東京駅近くのオリックスレンタカー東京駅八重洲口店のレンタサイクル。ここなら皇居一周コースが手軽に楽しめるぞ、ということで早速利用してみた。日比谷通りを走って皇居外苑の内堀通りに入ると、この日は市民ランナーのイベントと、自転車のイベントがダブルで行われていて、サイクリングやランニングを楽しむ人の姿が急に増えた。自転車のイベントは毎週日曜日に開催されている「パレスサイクリング」で、内堀通りを1.5キロにわたって通行止めにし、その区間のみで利用できる250台の自転車を無料で貸し出している。子供用あり、ママチャリあり、2人こぎ用ありのさまざまな貸し自転車に、本格的な自前のロードレーサーなども入り乱れて、皇居外苑の内堀通りはまさに自転車の楽園といった様相であった(写真中)。そこを2、3往復楽しんで、竹橋から北の丸公園に向かった。科学技術館や武道館、国立近代美術館工芸館(赤レンガの歴史的建造物・重要文化財=写真下左)のあるところだ。紅葉の最盛期はすぎていたが、十分に美しい晩秋の風景を堪能することができた。天気もよく適度に汗もかき、実に気持ちのよい休日であった。
ところで、このレポートの日(2009年11月)に借りたのは一般車で5時間1000円だったが、オリックス自動車(株)では2010年3月1日から「eチャリ」という新たなレンタサイクル事業を開始し、上記のオリックスレンタカー東京駅八重洲口店をはじめ、東京・神奈川・京都・大阪の11店舗で電動アシスト付き自転車の貸し出しを始めた。料金は1日2000円である。個人的には、1000円なら気軽に利用できても2000円は厳しい、電動アシストでなくてよいからもう少し安くならないかと思う。なお、JR有楽町駅京橋口からすぐ、無印良品有楽町店でもレンタサイクルを営業しており、店で販売しているのと同型の一般車と電動アシスト車を貸し出している。料金は一般車で平日が1日525円、電動が1575円、休日がそれぞれ1050円、2100円となっている。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌