ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

低予算バスの旅

都バスにコミュニティバスに観光バス…。東京は道路が混雑しているのに、ずいぶんバスが多いなあ、と思う。でも、利用する人・しない人が明確に分かれているのではないだろうか。ということで、東京のバスの魅力を再発見するミニツアーに出発!
まずは都バスの「東京→夢の下町」路線。上野松坂屋前~浅草雷門~両国駅前が基本ルートだが、土日祝日は便数は少ないものの東京駅丸の内北口~両国駅前間の延長路線が運行される。2008年4月の運行開始で今年2011年7月から東京スカイツリーに近い業平橋・押上を経由するようになった。デザインは通常の都バスとちょっと違うが(写真上左)料金は同じ200円。両国駅前を10時14分に出発、浅草界隈の賑わいを車窓から眺めるのも楽しい。丸の内まで行けば屋根のない2階建オープンバス「スカイバス」で観光という手もあるが、1500円~と高いので断念、途中の日本橋三越で下車。11時になる。
このあたりは、エリアの企業・団体が出資して2004年3月に開業した無料循環バス「メトロリンク日本橋」(写真中左)が15分間隔くらいで走っているので乗り換える。地下鉄京橋・宝町駅という停留所で降り、中央区役所まで7、8分歩く。そこからは「江戸バス」(写真中右)という可愛い中央区コミュニティバスが20分間隔で出ている。2009年12月の運行開始で料金は100円。東京駅・日本橋・馬喰町・浜町などを回る「北循環」と、月島・晴海・豊海方面に行く「南循環」があり、今回は「南循環」に乗る。 さすがコミュニティバス、普段あまり通らないような細い道まで入っていくのが面白い。
50分ほど乗車して勝鬨橋西で下車。実を言うと、乗車した中央区役所から徒歩10分ほどの所である。暇つぶしと言うなかれ、観光とはその類のものだろう。さてここからは築地場外市場も近い。場外は築地市場が休みの日曜でも若干の店が営業しており、案外賑わっている(写真右下)。東日本大震災で消えた外国人ツアー客も少しずつ戻っているようだ。時刻はちょうど午後1時。どこかの店で名物の丼物でもいただき、本日のミニツアーの仕上げとしましょう。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌