ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

プロメテウスの遷座

西新橋からプロメテウスが去ってしまった。
新橋駅から外堀通りを霞が関ビルに向かって歩くと、西新橋交差点の右側に、交差点と向き合うように立っていたのがプロメテウス像で、西新橋のランドマーク的存在であった。
ここは最近まで新日本石油の本社ビルで、像は同社100周年を記念して、1988年に立てられたという。彫刻家・富永直樹氏の作品である。プロメテウスは、ギリシャ神話において、人間に火を与えた神であり、エネルギーの安定供給を願っての選択であるという。
ところが、新日本石油は2010年4月1日、新日鉱ホールディングスと経営統合し、7月1日にJX日鉱日石エネルギーを発足させた。今後、日鉱のガス・ステーションは「JOMO」から新日石のブランド「ENEOS」に変わる。そして新会社の本社が大手町にあるため、プロメテウス様も会社と一緒に移転されたのである。新会社が入っている大手町の新日鉄ビルに行ってみたところ、しっかりと立っておられました(写真下)。
さて、会社と神の去った新日石本社ビルだが、これからどうなるのだろう。場所としては優良であり、地上9階・地下4階の延べ床面積は5万平方メートル以上。ある不動産アナリストは550~650億の価値と見積もる。ただし築年数が47年と比較的古いため、再開発が必要かと言われている。新たな西新橋のランドマークができるのだろうか。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌