ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

南桜公園に桜咲く

2010年4月、西新橋2丁目の南桜公園のリニューアル工事がほぼ終了し、新しい姿でお目見えした。よく晴れた昼時に立ち寄ってみると、咲きほこる桜の下、近隣の会社員が大勢集まって弁当を広げ、お花見の青いシートの陣取り合戦も展開されていた。まさにビルの谷間のオアシスといった印象だ。
そうした人たちの多くは気にとめることもないだろうが、長年近所に住み、ここにあった小学校のことを知る人にとっては、想いは複雑かもしれない。あの桜も小学校の校庭にあり、長い間子供たちの成長を見守ってきたものだそうだ。園内には校名を刻んだ記念碑や二宮尊徳像も残されている。
その小学校は、南桜小学校(当時は南桜学校)として1877年に開校した。関東大震災で大きな被害を受けたが、1928年、防災を考慮し公園と一体となった設置計画で復興された。公園はこの時にできたものだ。その後、1964年、東京オリンピックの年に1907年開校の西桜小学校を統合して桜小学校となり、さらに1991年、児童数の急速な減少により、桜田小学校、鞆絵小学校とともに新設の御成門小学校に統合された。閉校後も小学校の建物は港区住宅公社(2009年3月解散)や福祉会館などに使われてきたが、ついに完全に取り壊され、敷地全体が公園に生まれ変わったのである。
では、その他の小学校はどうなったか。芝公園3丁目の御成門小学校(写真A)は、1994年に桜川小学校、1995年に神明小学校をさらに統合し、結構人気の高い小学校になっているという。虎ノ門1丁目の西桜小学校があった辺りは環状2号線の再開発計画区域に組み込まれて2007年に高層マンションが完成、3階までが「虎ノ門健康福祉館・虎ノ門高齢者在宅サービスセンター」(とらトピア)として活用されている(写真B)。新橋6丁目の桜川小学校跡地には、2006年に特別養護老人ホームをはじめとする複合型福祉施設「福祉プラザさくら川」が建設された(写真C)。また浜松町1丁目の神明小学校跡地には2008年に区民向け高層住宅ができ、3階までが港区立エコプラザになっている(写真D)。桜田小学校鞆絵小学校は、別の記事で紹介したとおりである。人々の記憶を置いてけぼりにして、街はどんどん変わっていく。


CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌