ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

江戸の舟めぐり復活?

2011年夏、日本橋から浅草にかけての隅田川エリアで「隅田川風物図巻~舟めぐり・まち歩き・夕涼み~」と題した観光イベントが企画された。江戸の代表的な観光地であったこのエリアの魅力を再発見しようという意図のようである。多彩な催しの中でも特に楽しそうだったのが「舟めぐり 川辺の涼」というクルーズ企画。架橋100年に合わせて新設された日本橋船着場から日本橋川を下り、隅田川に出て浅草、両国まで500円。さらに両国から500円で日本橋まで戻ってこられる。船は東京都公園協会が運営する「東京水辺ライン」の水上バス。隅田川とお台場方面を結ぶ既存の水上バスは定員が140人~200人だが、日本橋川に架かる橋は橋げたが低く、また高速道路を支える柱も邪魔になって通れない。そこで今回、定員60人の屋根の低い小型艇が導入され、「カワセミ」と命名された。青く塗られた船体、くちばしのような船首。それらしく見えないこともない。便数は12時から2時間ごとの1日4便、土日はすぐ満席になるので注意。また水位が上がったりすると船が通れず、欠航になることも頭に入れておきたい。
船は日本橋船着場を離れると、高速道路に覆われた日本橋川をゆっくりと進む(写真上)。空が開けて豊海橋を過ぎると隅田川だ(写真3番目)。スピードが急に上がる。日差しは暑いが気持ちが良い。右手に見える東京スカイツリーがだんだん大きくなっていく(写真下)。吾妻橋船着場まで小一時間だ。ここで下船し、浅草見物にでも参りましょうか。
今回は8月28日までのイベント便だが、秋には定期便としての運航が予定されている。既存の浜離宮~浅草のクルーズも良いが、この日本橋~浅草もなかなかGOOD。メトロ銀座線で行くのとはひと味違う楽しい旅である。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌