ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

15分間の
ミニクルーズ

2011年3月11日の大震災以来、どうも高いビルや海の近くには近づきたくないという心理が無意識のうちに働いているようである。これを何とか少しでも克服していこうと、久しぶりに船でお台場まで足を延ばすことにした。
都心からの船便としては日の出桟橋からの水上バスが一般的だが、芝浦アイランドから「アーバンランチ」を使う手もある。「アーバンランチ」は定員41人の小型クルーザーで、2007年、芝浦アイランドの高層マンション街開発に合わせて定期便が開設され、芝浦-台場、台場-豊洲の2航路でほぼ1時間に1便、1日5~8便が運行されている。豊洲からは、土曜、日曜、祝日だけの東京湾周遊コースもある。また1艇をまるごと貸し切りでパーティークルーズを楽しむプランなども提供されている。
芝浦アイランドのターミナルまでは、ゆりかもめの芝浦ふ頭駅JR田町駅から徒歩12~13分。歩いて行くにはいささか不便なところだが、ちょっとおしゃれなマリンリゾートの雰囲気がよい。お台場までの料金は500円。プラス200円で自転車やペットを乗せることもできる。芝浦運河から東京湾に出て、やや遠回りをしながらレインボーブリッジをくぐり、第三台場のそばを通ってお台場海浜公園の水上バス乗り場へ。約15分という短い時間だが、次々に変化していく風景が楽しい。この日は気候も穏やかで実に気持ちのよいクルーズであった。それにしても乗船客が少ない。私のような急性水辺恐怖症の人は意外に多いようで、大震災後は利用客が激減し、例年なら増加する4月に入ってもなかなか回復しないらしい。到着したお台場海浜公園も、やはり人出はだいぶ少ないという印象。以前のような賑わいを取り戻すまでには、まだ時間がかかりそうである。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌