ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

再開発の流れの中で

最近、当社のまわりでは再開発の動きが活発で、より大型の、設備の充実したビルへの建て替えの動きが急だ。そんなにビルが必要なのかと思うが、実は都心のオフィス需要は非常に旺盛でビルが足りない。オフィス仲介業の三鬼商事によると、2007年12月末現在、都心5区の貸ビルの平均空室率は2.65%。4年前の8%台から大きく低下した。ビルの建て替えで立ち退きに遭った会社などは、物件探しにかなり苦労しているようだ。
こうした中で、長く営業を続けてきた店も閉店を余儀なくされている。新橋の老舗中華料理店「新橋亭」の本店は2007年3月に休業になった。「イイノホール」で知られる当社近くの飯野ビルも建て替えが決まり、それに伴い、時々利用していた喫茶店も同年9月に店じまいした。
新橋亭は休業の告知の中で「思えば昭和21年、戦後復興の兆しが見え始めた頃、新橋の地に開業できたことは本当に晴れがましいことでした」と創業時を振り返り、喫茶店の告知には「(開店の)昭和35年当時、ファーストのコーヒーは60円でした」とあって、国電初乗り20円、週刊誌30円といった当時の物の値段が比較紹介されていた。
どちらの文面からも、店への思いや客への感謝の気持ちが伝わってくる。「長い間お疲れさま」と、思わず語りかけたくなってしまう。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌