ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

「東京ロケ地マップ」を手に

2011年2月に発行された「東京ロケ地マップ」という冊子(写真上中)を、発行元の東京都産業労働局観光部から送っていただいたのは3月初めだった。
最近の日本の映画やドラマの舞台となった観光スポットが紹介されており、日本語、英語、中国語簡体字、中国語繁体字、ハングルの5ヶ国語版がそろっていて面白いと思った。だがA5版12頁に東京全体を対象とした情報を載せるのはいささか無理があり、日本人には物足りないであろう。では外国人はどうかというと、紹介されている作品からして欧米人には馴染みが薄いと思うが、中国や韓国の人には一定の関心を持たれそうだ。当初は都内3ヶ所の東京観光情報センターで配布し、3月10日頃から配布箇所を大幅に増やす計画とのことだったが、その矢先、3月11日に東日本大震災が発生した。伝えられる被害の大きさに、日々打ちひしがれる思いだ。外国の方はとても日本観光どころではなくなり、観光行政は厳しい時代を迎えそうである。
さて、この冊子の中で、ちょっと興味を引いたのがTBS日曜劇場「新参者」であった。日本橋署に赴任したばかりの刑事が活躍する、阿部寛主演の地域密着型?ミステリードラマである。ここなら立ち寄りやすいということで、舞台となった日本橋人形町を訪ねた。甘酒横丁という商店街には実際にロケが行われたお店もあり、「当店がドラマに登場しました」というアピールをいくつか見かけた(写真上左)。たしかに映画やドラマに登場した場所という意識で歩いてみると、いつもとはまた違った町の表情が見えるものである。ただ、大震災に伴う計画停電の影響でどのお店も照明を落とし、人通りも少なくさびしい。途中にある公園の桜並木には「お花見自粛」の看板も掲げられていた(写真左)。今年は静かな花見になりそうである。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌