ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

ニュータイプの
郵便局が出現

2009年6月1日、当社から徒歩2分の外堀通り沿いに新しい郵便局が開局した。これは便利とさっそく行ってみたところ、びっくり! 従来のイメージをくつがえす、ニュータイプの郵便局であった。それも、コンセプトを練り上げ、今後の郵便局のあり方の旗艦とすべく、満を持してオープンしたという印象である。広く開放的なフロアに、民営化後のイメージカラーであるオレンジが印象的に使われたインテリアも魅力的だが、何よりサービスが画期的だ。
まず驚かされるのは、入ったところにコンシェルジュさんがいて、本日のこちらの用事を尋ね、しかるべき窓口へ案内するサービス。銀行と同じである。窓口カウンターのあり方なども銀行に似せている気がする。
そして目を引くのが物販コーナーだ。オレンジスクエアと名付けられた、フロアの3分の1ほどを使ったコーナーには、記念切手やフレーム切手、ふるさと小包やギフトセットのパンフレットが旅行代理店の如く陳列され、関連商品、郵便局おすすめグッズ(サンリオのハローキティ雑貨が多い)、文具なども多彩に品揃えされている。記念切手シートやフレーム切手は、額に入れてぶらさげるなどディスプレイに相当の工夫がある。東急ハンズに似た雰囲気だ。
ここで成功したら、今後も同様のショップ付郵便局を開局するのだろう。なにしろ切手の品揃えに関して郵便局は、当然ながら日本随一である。全国の郵便局網を活用して各地の特選品を選んだ「ふるさと小包」やギフトの品揃えや販売力は、民営化以前から屈指であった。キャラクターグッズも増やしていくだろう。これは、既に抜群の集客力を持っている郵便局が、コンビニやドラッグストアと肩を並べる小売業へと成長する、郵便局ニュー・ウェイブの第一歩なのかもしれない。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌