ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

出典:OECD

記事を書くとき、たとえば「年間労働時間の各国の比較」とか「日本のワイン輸入量の推移」とかの数字を入れグラフも載せたいと思った場合に頼りになるのが、OECD(経済協力開発機構)発表の資料だ。報道で「OECDの発表によれば…」という文章、「出典:OECD」と書かれたグラフを頻繁に目にするはずだ。
「出典:OECD」は英語では「Source:OECD」だが、その名のサイト「SourceOECD」では発表資料をすべて見ることができる。ただ、私は統計資料をWebで見るときは緊張してしまう。たとえば資料が「喫煙率/男性の喫煙率/女性の喫煙率/30歳以下の喫煙率」と構成されていたとして、ネットの場合、それぞれが同等にパソコン画面に出てくるため、うっかり部分を見て全体と勘違いしないかと緊張するのだ。
その点、書籍化された資料は、編集によりデータに順序・強弱がつけられているため、無用な緊張をしなくて済む。そんな私にとって幸いなのは、世界に4つしかないOECDセンターが会社のすぐそばにあることだ。数多くの資料がライブラリーとなって並んでいる東京センターは、たとえコピーができず手写しになるとしても、たいへんありがたい存在だ。
そして紙の資料の良いところは、資料集をめくっているうちに他のもっと良いデータを見つけたり、書棚の前を歩いているうちに新しいテーマを見つけたりできるところだ。いくらグーグルががんばっても、ネットではこの効果は得られないだろう。
(OECD東京センター 千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル3F、写真は同センターのパンフレット)

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌