ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

PETボトルの
キャップ・リサイクル

PETボトルリサイクル推進協会の発表によれば、日本のPETボトルのリサイクル率は66.3%(2006年)で、欧州36.8%、米国23.5%を大きく上回る世界最高水準とのこと。さすが「モッタイナイ」本家というべきか。
PETボトルのリサイクルで重要なのは、キャップとラベルの処理だ。現在多くのPETボトルには上の記述があり、キャップとラベルはPETボトル・リサイクルの対象ではないことを示している。「ラベル:PP」はポリプロピレン、「キャップ:PE」はポリエチレンで、PETとは別のものなのだ。実際はリサイクルの過程で比重の差を利用して分別することが可能なのだが、リサイクルに出す段階でキャップを外しラベルを剥がすことが推奨されている。
最近見かけるのが、写真のようなキャップ専用口がついているPET用リサイクル・ボックスで、会社の近所ではローソン全店と、セブン・イレブン1店で見た。キャップの分別に現実的に便利であるとともに、PETボトルとキャップは分けて出すものだという意識づけを推進することができるナイス・アイディアである。写真のローソンのリサイクル・ボックスは、これ自体が回収したPETボトルの再利用によって作られたものであるとのこと。
なお、キャップを再資源化することによる利益を使って、世界の子供たちにワクチンを提供するという運動があり、全国の有志によりキャップ集めが行なわれている。詳細は「エコキャップ運動」で検索してください。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌