ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

お台場へ新しいバスルート

都心から公共交通を利用して臨海部の人気スポット「お台場」に行くには、何を使うだろうか。代表的なのは新橋駅から新交通システム「ゆりかもめ」。バスなら浜松町駅から都バスが出ている。日の出桟橋や芝浦アイランドから、船の旅を楽しむという手もある。
2012年4月19日、こうした公共交通に新しい選択肢ができた。田町駅東口・品川駅東口と港区の台場エリアを結ぶ「お台場レインボーバス」が運行を開始したのだ。生活の足としての役割を持つコミュニティバスという位置づけで、港区と台場地区の企業等で構成される協議会が運営する。運賃は都バスと同じ1乗車200円。田町駅からは1時間に1本、品川駅からは30分に1本が出る。また通勤通学利用を考えてか、品川駅からは7時、8時台に増発もある。
その品川駅東口から、運行初日にさっそく乗車してみた。都内を走るバスには珍しい濃紺の車体。まだ認知度が低いようで、客は少ない。出発すると、何度か信号待ちはあるが、途中ノンストップでレインボーブリッジを渡り、15分くらいで「お台場海浜公園前」に着く。お台場観光にはこのバス停か「フジテレビ前」で降りるのが便利だろう。ちなみに、バスの車内放送はフジテレビの女性アナウンサーの声であった。ちょうどこの日は、フジテレビの裏手、高速湾岸線をはさんだ場所に新しい商業施設「ダイバーシティ東京」のオープンが重なった。せっかくの機会なので、かの等身大ガンダムに会いに行った。平日ということもあって像の周りは意外に混雑はなく、ゆったりとした時間が流れていた(写真下右)。
新たにスタートした「お台場レインボーバス」、新橋で働く我々にはあまりメリットはないが、田町駅・品川駅以南に生活の拠点を持つ人には、なかなか便利なお台場への足になりそうである。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌