ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

空きスペースの利用

社から最も近い交差点の角のビルにある貸会議室、最近の『日経』(2009年1月29日夕刊)に取り上げられていたところによれば、貸会議室業界で最も伸びている会社のものである。6フロアにわたり21室を展開、ネットで予約状況を見たら休日以外はほとんど埋まっていた。研修やプレゼン用の施設が整い、昼食も注文できて便利で、企業音の経費節減。人員削減マインドに応える。TKPは「東京・貸し・プレイス」の略とのことだが、既に全国展開している。
記事には「貸会議室向けスペースはますます仕入れやすくなっている」とあるが、虎ノ門駅すぐ、官庁街も近い交差点角のこの場所、1年前まで1階はみずほ銀行だった。会社から近くて私には便利だった。しかしこの支店は、霞ヶ関ビル近くにある支店と統合してしまい、私からは2ブロック遠ざかってしまった。
さらにさかのぼれば、ここは北海道拓殖銀行→中央信託銀行の場所だった。左図は1995年当時のこの周辺だが、偶然にも後に統合することになる銀行同士が近接していることにお気づきと思う。
その結果、現在は右図のようになってしまった「貸会議室向けスペースが仕入れやすくなる」のも道理で、今後、さらに増える空きスペースに有効な価値を付けられた企業が成功するのだろう。

※このビルは2011年10月に解体されました。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌