ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

ビルの谷間の幻の町

2013年4月24日、地下鉄神谷町駅にほど近く、森トラストによる大規模再開発が進む虎ノ門4丁目、かつて虎ノ門パストラルというホテルが建っていた跡地に、MORI TRUST GARDEN TORA4(トラヨン)という施設がオープンした。ゴールデンウイーク前半の29日に訪ねたが、ビルの谷間にぽっかりと空いた広い土地に、貸し農園、ハーブガーデン、カフェ、ビヤガーデン、テント式の映画館、フットサル場などが何ともユルイ感じで配置されていた。
周囲にはまだ取り壊された建物の一部が、おそらくは意図的に残されている。その中で農業の営みが始まり、仮設の建物で飲食や娯楽が提供されて人々が集う様子が、あたかも戦争や自然災害で町を破壊され、打ちのめされた人々が再び未来に向かって立ち上がっていく姿を象徴するかのように見えたのは、いささか考えすぎであろうか。
さて、訪れたのが昼食時で、天気も最高に良かったこともあり、キリンビールが運営する「KIRIN ICHIBAN GARDEN」が、文字通り一番興味を引いた。いま同社が盛んにPRしている「フローズン生」と「ビアカクテル」が楽しめるのが1つの売りのようである。平日は夜間営業のみだが、土・日・祝日はランチタイム営業をしていて、オリジナルの1000円バーガーや、500円ドッグが提供されている。黒ビールをイメージし、黒いソーセージを竹炭入りパンに挟んだインパクトのある商品「スタウトブラックドッグ」と「フローズン生」を注文(写真左下)。いずれも初体験の味。フローズン生は、ビールを注いだ上にビールで作ったスムージーのような泡を乗せたもの。シャリシャリした氷の泡の食感、それに蓋をされて全く気泡が立ちのぼらないビールの飲み口が新鮮で、ちょっと違った飲み物になっているような印象だった。
再開発工事が再び始まると、存在したことなど誰の記憶にも残らないであろうビルの谷間に生まれた幻の町。その不思議な空間を体験できるのは、2014年1月まで(施設により異なる)である。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌