ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

アカデミー賞の恩恵

神谷町「オレンジのバイテン」は、放送作家やJ-WAVEのナビゲーターなど多彩な活躍で知られる小山薫堂氏の事務所入口をパン販売所にしたものだ。
「カノッサの屈辱」や「料理の鉄人」など画期的なTV番組を作り出してきた小山氏は、日光に明治6年に創業された金谷ホテルの顧問も務めているが、同ホテルが100年前に出していたカレーのレシピに基づくという「100年カレーパイ」が人気だ。
そんな小山氏が映画の脚本に初挑戦した『おくりびと』は、国内外で60の賞をとる大成功となり、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。授賞式に行く前に、小山氏は店に張り紙を出した。「『おくりびと』が受賞したら、パンを無料で配ります」。
そして『おくりびと』は見事61冠目を受賞、約束の無料配布が2009年2月26日に行なわれた。
朝から多くの客が来店したという。午後4時に行くとパンケースはすべて空で、既に200は出たというカレーパイだけが残っていた。ありがたく頂きました。味の濃いカレーソースはクリーミーで、パイ皮もたいへん美味しかった。事務所の応接スペースは祝いの花でいっぱいだった。
『おくりびと』は2008年9月13日の封切りだが、アカデミー賞受賞時に上映していた劇場が有楽町マリオンにあり、たいへん混雑していた。拡大凱旋上映する模様で、すでに33億円超の興行収入をあげている同作品は、松竹久しぶりの大ヒット作となりそうだ。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌