ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

郵便局が消えた?

本当に久しぶりに、会社の近くにある郵政省内郵便局に向かった。あれれ、無くなっているじゃないか。
そもそも郵政省はとっくに無く、郵政事業庁になり、郵政公社になっても、依然として頭の中では、慣れ親しんだ郵政省内郵便局だった。同じ建物の、同じ場所にあったからだ。だが今回は、平成19年(2007)10月の郵政完全民営化に伴い、遠めに眺めるぶんには大きな変化はないが、内部はいつの間にか大改装が行われていたようだ。ビルの名称は日本郵政ビルに変わり、1階は「ポスタルプラザ」というパブリックスペースとなった。正面入口を入ると日本郵政グループの展示コーナーがあり、その奥に「千代田霞が関郵便局」があった。さらにローソンの「ポスタルショップ」ができ、ドトールコーヒー(後にサンマルクカフェ)の「ポスタルカフェ」がオープンして、ちょっと気取った雰囲気を醸し出していた。
しかし、パブリックスペースといっても、日本郵政株式会社の本社ビルのエントランスでもあり、複数の警備員が目を光らせていて、その視線を感じつつ利用するのは何となく肩が凝る。そのうえ、ここのローソン、普段あまり目にしない珍しい郵便関連グッズなどは品揃えしているのに、普通のはがきは取り扱っていないそうだ。今度はビルの受付嬢に「以前は切手とハガキの自動販売機があったんだけど?」と聞くと、「こちらにはございませんので、郵便局の窓口をご利用下さい」とニッコリ。う~ん、ちっとも便利になっていないなあ。
それにしてもローソンの動きは忙しい。何かやっては軌道修正の繰り返しだ。平成20年(2008)8月には、東京の日本橋郵便局内を皮切りに、新タイプの店舗「JPローソン」の展開が始まったという。ここの「ポスタルローソン」も、また近いうちに「JPローソン」に模様替えしてしまうかもしれない。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌