ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

日比谷図書館、休館

弊社から日比谷公園西側入口までは歩いて5分、入ってすぐの、正三角形をしたユニークな建物が日比谷図書館だ。3つしかない東京都立図書館のひとつで、蔵書が充実しているだけでなく、雑誌のバックナンバーが開架式本棚に並んでいるのがたいへんに便利だった。机と座席も十分にあった。というわけで、ちょっと何か調べたいときは、すぐに歩いて行ったものだった。最近は手続きが面倒なところが多いコピーや資料請求なども、ここはずいぶん大らかだった。ひとことで言って、気分の良い場所だった。
ところが先日、2009年3月31日をもって、休館になってしまった。
1908年開館、実に101年の歴史を持つ同図書館は、東京都の歳出削減のため千代田区への移管が決まり、2年後、千代田区立「日比谷図書館・文化ミュージアム」として再出発するとのこと。1945年の空襲で焼けたあと、仮建築を経て、1957年に竣工した現在の建物は、見た目にかなり古びているが、外観は残して内部を修繕する予定だという。
今後2年は調べものに苦労すると思いつつ、新たな施設に期待もしているが、千代田区立の施設として再開した場合、区民専用になるのだろうか。実は、歩いて5分とはいえ、あいだに区界があって、弊社は港区なのだ!

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌