ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

空中回廊の終着点

汐留シオサイトは「ペデストリアン・デッキ」などと呼ばれる歩道が空中に数多く作られ、ビルとビル、ゆりかもめの駅などを結んでいる。この空中回廊、なかなか未来的で、穏やかな天気の日は快適に歩くことができる。
だが、シオサイトから一歩足を踏み出すと、「昭和」の遺構が顔を出す。カレッタ汐留を過ぎ昭和通りに出て銀座に渡ろうとすると、突如空中回廊は途切れ、鋼材まる出しの無骨な「歩道橋」が連結しているのである。「銀座東8丁目歩道橋」という。これがまた結構すごい歩道橋で、途中首都高速にぶつかるため、その下を一度潜らせて通りぬけるという設計には恐れ入る。さらに昭和通りをまたぐ部分は距離も長く、大型車が頻繁に通るため揺れも相当なもの。雨風の強い日などは、ちょっとしたアドベンチャーとなってしまう。本日は何とか無事に銀座8丁目に到着。シオサイトのビル街をバックに、いかにもといった表情の歩道橋が何とも不似合いではないだろうか。
2007年現在、東京都には751の歩道橋があるそうだ。2003年の773から、22減少している。老朽化などの問題もあり、少子高齢化で環境が変わり利用度の著しく低下した箇所が撤去されているようである。子供たちには足腰を鍛える効用もあるかもしれないが、高齢者やハンデのある方にとって歩道橋はつらい。実は歩道橋を英語でいうと、冒頭のペデストリアン・デッキまたはペデストリアン・ブリッジとなる。どうしても必要なものなら、そのスマートな言葉のフィットする、誰もが登ってみたくなる歩道橋になってほしいものである。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?