ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

芝離宮に梅の便り

羽田空港に向かうモノレールに乗る。浜松町駅を出発してすぐ、左手の眼下に、こんもりと木々の茂った一帯が目に入る。なんだろう、と思って後日訪ねてみた。そこは「旧芝離宮恩賜庭園」。ほのかな梅の香りが迎えてくれた。
この庭園は江戸時代、肥前唐津藩主であり、徳川4代家綱、5代綱吉に老中として仕えた大久保忠朝が延宝6年(1678年)に屋敷を構えたところで、現存する最も古い大名庭園の1つ。「芝離宮」は、明治以降、宮内省の所有となってからの名称で、大正13年に東京市に下賜されて、今日に至っている。
この界隈で庭園といえばJR新橋駅から徒歩7、8分、もとは将軍家の屋敷であり、8代吉宗が象を飼っていたという話も伝わる「浜離宮恩賜庭園」が有名で、芝離宮はやや知名度が低い。
面積も約6分の1と小規模である。しかし私の感覚では、浜離宮は広すぎて全体像が見えにくい。池(泉水)を中心に山や谷をめぐらし、その中を回遊して風景の変化を楽しむ「回遊式泉水庭園」の魅力を気軽に味わうには、JR浜松町駅のすぐ近くでもあり、芝離宮のほうがおすすめと思う。
なお、2つの庭園は徒歩20分ほどの距離にあり、歩行距離が相当のものになることを覚悟すれば、両方を1日で歩くことも可能である。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?