ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

関心高まる「徳川家霊廟」

港区芝にある浄土宗大本山増上寺は、上野の東叡山寛永寺(天台宗)と共に徳川将軍家の菩提寺として知られ、二代秀忠・六代家宣・七代家継・九代家重・十二代家慶・十四代家茂の六人の将軍とその正室らが埋葬されている。2011年は、この増上寺が、改めて多くの人々から注目される年になりそうだ。というのも、NHK大河ドラマの主人公・浅井三姉妹の末娘「江」が二代秀忠の正室として埋葬されているからである。
その墓所があるのが「徳川家霊廟」(写真上)。もともと将軍や正室は、広大な敷地に1人ひとり別々に立派な霊廟が建てられ埋葬されていたのだが、大戦時の空襲でほとんどすべてを消失してしまった。そこで戦後「徳川家霊廟」として1カ所にまとめられ、崇源院(江)も秀忠と同じ場所に合祀されるに至ったということらしい。
ところでこの霊廟、一般に公開されるのは、徳川家康が崇拝した「黒本尊」と呼ばれる阿弥陀如来像が開帳され「正五九祈願会」が催される正月、5月、9月の各15日と、4月の花まつり、11月頃のみなと区民まつりなど、ごく限られた時期だけとなっている。さっそく今年最初の公開日である1月15日に参拝に訪れたが、墓所はきれいに整備され、花が供えられ、香がたかれていた。秀忠と崇源院が眠る墓所は一番奥の右側(写真下)にあり、最も多くの参拝者の関心を集めていた。また霊廟内には、増加が予想される観光客を意識してか、消失前の秀忠と崇源院の見事な霊廟の写真が掲示板に掲げられていた。今後、大河ドラマの反響次第で霊廟の公開日が増えるとの未確認情報もあるが、たとえ参拝の動機がテレビドラマやゲームあっても、国民が国の歴史の一端を学習するきっかけになるのは悪いことではないだろう。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?