ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

花まつりの日

2009年4月8日、芝の増上寺で、恒例の「花まつり」(灌仏会:かんぶつえ)が開催された。釈迦の誕生日を祝う行事である。
大殿前広場に、片手で天、片手で地を指す釈迦像と、色とりどりの花で飾られた御堂が置かれる。御堂の内側は甘茶を満たした灌仏桶で、小さな釈迦像が立っている。釈迦が花園で生まれ産湯をつかった場面を再現するもので、甘茶というのは、誕生の際に天に龍が現われ香ばしい水を吐き産湯に使わせたという伝説から来ている。
僧侶たちが入場し、雅楽が演奏される中、増上寺内の明徳幼稚園の園児たちが順番に、桶の甘茶をヒシャクで汲んで釈迦像に頭から注ぎ、拝む。参詣客も含めて皆で念仏を唱え、法話を聞く。その後、参詣客も釈迦像に甘茶をかけて拝み、希望者には甘茶がふるまわれる。甘茶は、アマチャヅルとカンゾウという2種類の薬草で作られているとのことで、砂糖が入っているかと思うくらいの甘味があった。
春の季語にもなっている「花祭り」は、もともとは浄土宗が明治時代に命名したもので、他の宗派にも普及し、一般的になったという。増上寺は浄土宗の東の大本山であるから、花まつりの本家だ。皆で合掌し南無阿弥陀仏を唱えるうちに、自然と敬虔な気分になってくる。
ただ全体的には、明徳幼稚園の行事のような印象を受けた。ちょうどミッション・スクールにとってのクリスマスと同様の意味合いを持つのだろう。境内の桜も散り始め、いよいよ新年度が本格的に始まる。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート