ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

キャンドルの地上絵

2010年12月18日、お台場海浜公園の砂浜で「キャンドルナイト in お台場」というイベントが行われた。これは東京都港湾局などが中心になって企画したイベントらしく、今年で4回目。「電気を消して、スローな夜を」を合言葉に、ロウソクを灯したペーパーランプで地上絵を描き、環境について考えようというのが趣旨になっている。
この日は午後1時ごろから、早稲田大学のアカペラサークルなどの演奏が行われる中、ボランティアの手でペーパーランプの設置が始まり、日没が迫る5時ごろには次々に点灯され、クリスマスツリーや流れ星の絵がカラフルに浮かび上がった。特に派手な演出はなく、また大勢の人が殺到して歓声をあげることもなく、落ち着いた時間が流れていった。ゆらめくロウソクの灯は、確かにやさしい気持ちにさせてくれる力がある、と思う。
だがこのイベント、環境へのメッセージは伝わっているのだろうか。そもそも周囲の電気を一斉に消して行われるキャンドルナイトとは違う。電気を消すどころか、むしろ対岸のビルや行き交う船の明かり、レインボーブリッジのライトアップなどと一体になったイルミネーションイベントのようになってしまっているではないか。背後に広がるお台場の商業施設でもクリスマスのイルミネーションが煌煌と輝き、大勢の人が繰り出していた。レインボーブリッジと高さ20メートルの「レインボーツリー」を一緒に撮影できるハート形オブジェ(写真下右)の前には何組ものカップルが列を作り、次々に記念写真をとっていた。LEDの普及でイルミネーションも省電力化が進み、盛んになる一方である。こんな時期、こんな場所で、ロウソクで環境を訴えるのはちょっと無理があるかもしれない。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート