ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

大祭に江戸の町人気質を見る

5月の大型連休の疲れも取れないうちに、神田明神(神田神社)の祭りが始まった。江戸城の鬼門の方角を守る神田明神、裏鬼門の方角を守る日枝神社、それぞれの大祭である「神田祭」「山王祭」は神輿や山車の行列が江戸城内に入ることを許され、代々の将軍も楽しんだことから「天下祭」と称される。これに富岡八幡宮の深川祭を加えて「江戸三大祭」というそうだ。
2つの天下祭は盛大な「本祭」が1年おきに交互に開催される。今年2015年は神田祭が本祭で、神田神社が大手町(平将門の首塚あたり)から現在地に遷座して400年を祝う記念の祭ということもあり、ひときわ力が入っていた。5月7日から15日まで続く祭礼スケジュールの中でも中心となるのは、9日土曜日、神田神社に祀られる三柱の神様が乗った鳳輦(ほうれん)と神輿が長い行列を従えて氏子町内を巡行する神幸祭(写真上)と、10日日曜日の各町の神輿の宮入だ。神幸祭では沿道でたくさんの観衆が大行列を見守り、神輿の宮入では神社の境内がおびただしい数の見物客でごった返していた(写真下)。
神田祭と山王祭、同じ天下祭でも印象はちょっと違う。山王祭が様式や格式を重視しているようにみえるのに対し、神田祭は、氏子地域が町人文化が栄えた神田や日本橋であるためか、より庶民的かつ自由でエネルギッシュである。それを象徴するのが、神幸祭の行列に、江戸の昔から「附け祭」と呼ばれる賑やかな仮装行列が附いて回ったこと。近年はそれを再現しようという動きが活発で、今回も、鬼の首や地震封じのナマズの造り物を乗せた山車や(写真2段目)大道芸を披露する人々、浦島太郎や花咲爺さんなどのおとぎ話をモチーフにした行列(写真3段目)が延々と続き、観衆を楽しませていた。
神田祭に参加する神輿は、子供神輿も含めて200を数えるそうだが、この週末、神田・日本橋一体は、どこに行っても活気ある神輿の渡御やお囃子の演奏に出会い、祭り一色の空間になっていた。本当にお疲れ様である。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート