ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

クリスマスピラミッドの下で

2015年も残りわずかとなり、日没とともに、あちらこちらでクリスマスイルミネーションがきらめく季節となった。そんな中、12月11日から25日まで、都心の日比谷公園で「東京クリスマスマーケット」というイベントが開催された。ヨーロッパ各地で開かれるクリスマスマーケットを再現するという企画で、クリスマスグッズやクリスマス料理を販売するヒュッテと呼ばれる山小屋風の屋台が大噴水を囲んで建ち並び、紅葉した日比谷公園の森、ビル街の明かりとのコントラストも美しく、なかなかグッドな雰囲気であった。
独特のクリスマスムードを生み出すのは、高さ14mの木製のタワー。クリスマス人形を飾った何層もの台座と先端に取り付けられた大きな風車のような羽がゆっくりと回って来場者の目をひく。このタワーのルーツは、ドイツ東部、チェコとの国境近くの山岳地帯に位置するザイフェン村にあるという。数百年の伝統を持つおもちゃの村として知られ、クリスマスを演出する木製の人形やオーナメントは世界中にファンがいて、特にろうそくの炎が作りだす上昇気流で上部に飾った羽が回転するキャンドルスタンドは「クリスマスピラミッド」と呼ばれて親しまれている。大きなタワーはそれをモチーフに作られたもので、ドイツのクリスマスマーケットのシンボル的存在とか。今回は本場ドイツから取り寄せ、現地の職人を招いて設営を行ったそうで、なるほど本物感漂う出来栄えに納得。一見の価値あり、と言えそうである。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート