ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

優しい光のキャンドルパーク

東京駅丸の内中央口からまっすぐ皇居に向かって伸びる行幸通りを行き、濠を渡ると右手に噴水公園が見えてくる。和田倉噴水公園という。天皇陛下(当時の皇太子)ご成婚を記念して昭和36年(1961)に建設され、さらに現皇太子殿下のご成婚を記念して平成7年(1995)に再整備された公園であり、国民公園皇居外苑の一部を構成している。開放的なデザインの園内のレストランでは、よく結婚披露宴が開かれていたりする。
この噴水公園には、行幸通りをまっすぐ進まず濠の手前で右手(北側)に折れ、和田倉橋(写真上)を渡って入るのもおすすめである。もともとは江戸城内郭門の1つ、和田倉門と一体になっていた橋で、昭和28年(1953)に架け替えられて今日に至る。コンクリート製だが欄干は木製で往時の木造の橋の雰囲気を今に伝えており、さらに橋を渡ると、門の枡形を構成していた石垣が残っていて風情がある。その枡形を通りぬけると噴水公園である。
ここで2009年12月21日から26日まで、今年で4回目となる「光都東京LIGHTOPIA」というイベントの一部を構成する「アンビエントキャンドルパーク」が開かれていた。舌を噛みそうな名前で、アンビエントとは確か「周辺環境の〜」といった意味だったかと思うが、平和や地球環境をテーマに地元の小学生が絵を付けた円筒形の明かりが一面に並び、各界の著名人も作品を寄せていた。この時期は至る所でキラキラしたLEDのイルミネーションが見られ、それなりにきれいだが、このような優しい揺らぎと暖かみのある色の明かりに、人々の思いを載せるという企画もなかなか良いものである。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート