ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

日比谷公園の「収穫祭」

2012年11月18日、日比谷公園で「土と平和の祭典2012」というイベントが開かれていた。これからの農業と暮らしの在り方について独自の視点からメッセージを送り、志半ばで世を去った藤本敏夫さんの遺志を継ぎ、妻の加藤登紀子さんと娘の藤本八恵さんが中心になって2007年から始めた催しらしい。その詳細について語る知識もないので、パンフレットに謳われた「大地に感謝する収穫祭」「全国から生産者が集結、日本最大級の環境配慮型農業と農的暮らしのマルシェ」を理屈を抜きに楽しむことにした。
会場にはたくさんのテントが並び、出店者自慢の出来たてのホットメニューや採れたての野菜が豊富に提供され、想像をはるかに超える人出に改めて食べ物の力というのは大したものだとびっくり。来場者はそれぞれに“大地の恵み”に舌鼓を打ちながら特設ステージのアーティストの演奏に耳を傾け、あるいは買物を楽しみ、また子供たちはバンブーピラミッドという竹で作られた大きな遊具に夢中になっていた。不思議だったのは、会場にいる人々が総じて自然や大地に溶け込むような色調の服装をしているように見えたこと。この日は歩行者天国で賑わう銀座中央通りに立ち寄ってから会場入りしたためか、よけいにその地味さが印象的だった。独特の空間が確かにそこに形成されていて、人にやさしく環境にやさしい「農的な暮らし」に、ほんの少しだけアクセスできたような気がした。お土産に、生で食べてもおいしいマッシュルームや、ジャンボパプリカなどを買い求めて会場を後にしたのであった。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート