ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

レトロが楽しい街へ

2015年10月10日から、「東京駅~日本橋 昭和レトロめぐり」というイベントが行われていた。鉄道の起点・東京駅と道路の起点・日本橋、日本の近代化の歩みが詰まったこのエリアをぶらりと巡って時間を超えた新しい発見をしてみようといった趣旨らしい。
巡り歩くモチベーションとなる企画の1つは、イベント用に再現された昔の鉄道切符。硬い厚紙でできていて「硬券」というそうだ。特設の6カ所の「駅」で散策マップと共に配布され、各駅ではかつての鉄道員の方に鋏を入れてもらえる演出もある。スタンプラリーの応用形といったところ。ちなみにその6カ所は、東京駅(八重洲口グランルーフ)、大丸東京店、八重洲地下街、日本橋高島屋、日本橋三越、コレド室町1と、いずれもわかりやすいエリアの代表的なスポットで、容易に歩いて回れる範囲。たとえ6種類全部揃えても七福神巡りのようなめでたさも無いのだが、1枚2枚もらい始めると俄然その気になって踏破し、集めた6枚を特製台紙に貼り揃えてにんまりしている自分が可笑しい。
さらにコレド室町と人形町甘酒横丁からは、期間中の数日間だけエリア内を特別運行するレトロなデザインの無料バスが出ており、これまたせっかくの機会だからと列に並んで乗車、ガタガタと揺れるクッションの悪さが昔の遊園地の乗り物にも似て、それが街中を走るのが妙に楽しかったりする。最近の東京は、江戸時代からの伝統と近代化の遺産を新しい街づくりに活かして、面白い観光資源が増えてきているなあ、と改めて感心。過去のものは、古い世代には懐かしく、それを知らない世代の目には新鮮に映ることもあろう。古いものは壊すのが当然といった考え方から、古き良きものは活かそうという考え方にシフトしてきているのは、悪くない傾向ではないだろうか。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート