ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

サカスでスケート

2008年夏にオープンした赤坂サカスは、同年冬にイベント「ホワイトサカス」でスケートリンクを開設、11月中旬からの3ヵ月で220万人以上が来場したという。2009年も11月13日にオープン、2010年2月28日まで営業する。TBS社屋のまん前、赤坂BLITZの横になる。
リンクの大きさ 30m×17m で、リンクに隣接してツリーが立ち(年内のみ)、その横にTBSのマスコットキャラクター「ブーブ」の大きな像があって、それらを中心にイルミネーションが配されている。夜になると氷盤に色のスポットが当てられたりして、幻想的な雰囲気を出す。イルミネーションはLED使用、氷の冷凍機の電力を昨年比1/4減にするなど、エコ対応とのこと。
日曜日の夕刻に行ったところ、家族連れ、カップルが多く、とくに子供たちが元気である。凄まじい勢いで滑走し30秒に1度くらい激しく転倒する元気な子が注目を集めていた。リンクの周囲は子供の滑る姿を撮る家族で賑わい、通りがかりの人々が数多く立ち止まって見物している。そして土地柄なのか、外国語が多く飛び交っている。少なくとも4カ国語は聞こえた。
イルミネーションもだが、BLITZの側面にある400インチの液晶モニターの映像(たいていTBS番組の宣伝だが)が賑やかさを沿えている。モニターの下にあるスターバックス(写真下右)は、スケート靴のままでも入れるのが便利だ。
都会の真ん中にスケートリンク、その脇にツリーといえば、ニューヨークのロックフェラーセンターにある有名なスケートリンクと同じだ。そういえば当社のご近所、日比谷シティに以前、同じようなスケートリンクがあった。これは日比谷公園をセントラルパークに、日比谷シティをロックフェラーセンターに見立てたものと想像する。現在は多目的広場になっていて、フットサルコートなどに使われている。冬のスケートリンクが復活してくれればいっそう賑やかになって楽しいのだが。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート