ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

菖蒲に勝負を祈願して

5月は例年ならあちこちの寺社の祭りで賑やかなのだが、今年2011年は東日本大震災の影響で縮小や中止が相次ぎ、かの神田祭や三社祭も神輿の渡御などが中止となって、まことに寂しい月となってしまった。
そうした中、地下鉄白金高輪駅から5分ほどの港区白金台にある覚林寺では、5月4日、5日に、例年どおりの祭が開催された。ここは豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、加藤清正が連れ帰って養育したとされる朝鮮王家出身の僧、日延が1631年に創建した日蓮宗の寺で、清正を祀っている。清正は秀吉の家臣として数々の戦功をあげ「虎退治」の伝説でも知られる勇猛果敢な武将で、その武運にあやかり、勝負祈願の寺として信仰を集めている。寺そのものが敬意と親しみをこめて「清正公」(せいしょうこう)と呼ばれるほどで、この5月の祭は「清正公大祭」として親しまれているのだ。
祭りの名物は、「勝守」という菖蒲の葉の入ったお守りと「開運出世祝鯉」と名付けられた鯉のぼりで、子供の成長を願う親子連れが次々に手にしていく。こうしてみると、5月5日「端午の節句」の別名である「菖蒲の節句」(勝負、尚武=武をとうとぶ=に通ずる)と清正信仰がうまく融合され、武運のみならず商才もなかなかのもの。寺の周りにはおなじみの露店がびっしりと並び、古典的なお祭り風景である。これを伝統文化というのかもしれないが、街並みが近代化し、生活が豊かになり、ファッションが大きく変化しても、昔からほとんど変わらない祭りの楽しみ方がすごく不思議で面白いのだ。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート