ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

夏の名残のメキシコ祭

天候不順が続き、残暑らしい残暑も感じないうちに2015年の夏は終わったかと寂しく思っていたら、秋の大型連休に入った途端に東京地方は夏を思わせる日差しがよみがえり、気温も30度近くまで上がった。今年は祝日の巡り合わせで6年ぶりの5連休となり、シルバーウイークなどという言葉も久しぶりに聞いたが、敬老の日を挟んでいるため、ゴールデンウイークに準ずる大型連休という意味か、それとも敬老週間という意味なのかよくわからない、ややこしい言葉になってしまったなあ、と感じたのは自分だけだろうか。
それはさておき、せっかくの上天気なので、最後の夏気分を楽しめるような催しはないだろうかと探していたら、フィエスタ・メヒカーナというイベントが9月19日から21日までお台場で開かれていた。9月16日のメキシコ合衆国の独立記念日を記念して開催されるようになったもので、今年は16回目だそうだ。ちょうどこの時期、お台場ではULTRA JAPANという音楽イベントや、肉フェスという食のイベントも同時に開催されていて、それらに比べると盛り上がりは今一つだったが、ラテンの歌あり踊りあり、肉ありビールありトロピカルドリンクありと、夏気分は十分。「ルチャリブレ」(自由な戦い)というメキシコ流プロレスのデモ開催もあり、出演者はほぼ日本人で日本のプロレスとどう違うのか皆目わからないままではあったが、屋台で求めたメキシカンタコスなどを頬張りながらリング上の正義と悪の戦いに声援を送るのもまた楽し、であった。
帰り道、日が沈む頃になると、もう風は少し冷たい。季節は急速に移ろっていきそうである。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート