ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

テニスの聖地
親子連れで賑わう

2017年4月29日昭和の日、江東区有明にある都立公園「有明テニスの森」で「有明の森スポーツフェスタ2017」が開催された。
テニス教室、キッズテニストーナメントといったテニス関連企画を中心に、手軽なスポーツ体験、健康体操、体力測定など様々な参加プログラムが用意されたほか、ステージショーあり、キッチンカーや模擬店の出店ありで、主に親子連れが1日楽しめる内容になっていた。テニスの国際大会も開催される「有明コロシアム」でプロのコーチと練習ができるなんて、子供たちにとっては願ってもない体験だろう。結構大きなイベントにもかかわらず、テンションが高すぎる熱狂的ファンが大挙して押し寄せるような企画ではないため、ほどほどの賑わいにとどまっているのも親子連れには好ましいところである。
さて、有明テニスの森は1983年5月に開園、34年の歴史がある。有明コロシアムを中心に49面のテニスコートを備え、テニスクラブもあり、「日本のテニスの聖地」ともいわれる場所だ。2020年に開かれる東京オリンピックでも、もちろんテニスの会場となる。そのため今年2017年の11月から2019年夏にかけ、大規模な改修工事が行われる。有明コロシアムが劇的に変わることはなさそうだが、屋外コートの部分はだいぶ今とは違った印象になるとみられる。現在はコート以外の敷地内は自由に入れるし、樹木は良い感じに茂って、芝生広場もあり、テニスをしなくても十分に居心地の良い公園になっている。そうした魅力は、オリンピック後も失わないでほしいと切に願う。
どうやら今秋のジャパンオープンテニス2017が、改修前最後の大きな大会になりそうである。東京オリンピック、近づいているんだなあ、と改めて思う。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート