ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

コンサートホールで
遊ぶ

2015年4月3日から5日まで、メトロ六本木1丁目駅、溜池山王駅からほど近いアークヒルズで「さくらまつり」が開かれていた。4日土曜日に訪れてみたが、不安定な天気がどうやら持ちこたえたこともあり、グルメ屋台や特設のマルシェが出店したアーク・カラヤン広場は結構な人出で賑わっていた。特にこの4日は、エリア内にあるサントリーホールの「オープンハウス」が人気を集めていた。世界でも最大級のパイプオルガンを有する本格的なコンサートホールが1日解放され、ミニコンサートや子供向けのアトラクション、ホール内のガイドツアーなどが楽しめるこのイベント、今年で11回目というが、施設の特徴をいかんなく発揮した優れた企画で、「サントリーホールで遊ぼう!」という呼びかけのコピーも素敵だ。コンサートは、進行が巧みで初心者にも自然と興味を持たせる演出がなされ、子供客が多いにも関わらず、奇声を発したり走り回ったりする姿が極端に少ないことに驚かされた。またガイドツアーは、サントリーらしく「お酒」に絡めたホールの施設やデザインの紹介も興味深かった。普段は立ち入れないステージ上の指揮台に立って写真撮影ができる企画や、子供たちが演奏家と一緒にステージで歌う企画なども好評で、さすがプロのおもてなしだと大いに勉強になった。
サントリーホールはアークヒルズ開業と同じく1986年の開館で、2007年のリニューアルを経てすでに30年近い歴史を持つが、全く古さを感じさせないどころか、まるで時を刻んで原酒が熟成を重ねていくような趣を感じさせるのは、やはり優れた施設であることの証明なのだろうか。周辺の桜並木はもうだいぶ散りはじめていたが、思いがけず楽しめた「さくらまつり」であった。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート