ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

おどりゃ心も丸の内

2009年8月21日・22日、「第7回日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会」が開催された。東京周辺での盆踊りでは必ずといってよいほど「東京音頭」が踊られるが、ここでは「丸の内音頭」が主役である。
「ハアー 踊り踊るなら 丸くなって踊れ おどりゃ心も おどりゃ心も丸の内 ヤットナ ソレ ヨイヨイヨイ」という詞の丸の内音頭は、昭和7年(1932)に誕生した。当時の日本は世界恐慌によって不況にあえいでおり、同年5月15日には犬養毅首相が暗殺されるといった衝撃的な事件も起きている。この暗い世の中を少しでも元気づけようと、日比谷・丸の内界隈の商店主が、作詞を西条八十氏、作曲を中山晋平氏に依頼して作ってもらったのが「丸の内音頭」であった。
「これはよい」というムードが業界内に高まったのだろう、翌年、全く同じ曲に、歌詞だけをより多くの人にわかるように変えた「東京音頭」ができ、レコード化されて爆発的に売れ、瞬く間に日本中に知られるようになった。その陰で、元歌の「丸の内音頭」は忘れられていったのである。
その復活のきっかけは、2003年に日比谷公園が開園100周年を迎えたことにあった。日比谷松本楼など日比谷公園に店を構える商店会が開園100周年記念事業として71年ぶりの「丸の内音頭」の盆踊りを思いつき、関係各方面に働きかけて実現したらしいのだ。記念すべき第1回は大雨で大変だったそうだが、年々参加者も増え、1日当たり2万人以上が楽しむ大きな大会に育っている。今年も大噴水を囲んで3重にも4重にも踊りの輪が広がり、さらに芝生広場には近隣企業・団体の模擬店も多数出て、踊る人数を上回る人々が都心のお祭り気分をエンジョイしていた。また、丸の内音頭の歌詞が印刷された手ぬぐい(写真右上)を1本300円で求めると抽選会に参加できる企画も楽しませた。帝国ホテルや丸の内ホテルの食事券をはじめ、結構当たり本数はあったのだが、くじ運の悪い私は今回もカスリもせず。まあ、運はこれからの人生にとっておくことにしよう。
昭和7年当時の不況とは状況が違うだろうが、現在も「未曾有」の不況の真只中である。祭りや踊りで元気を出すのも良いものだ。ひょっとすると、定額給付金やエコポイントに勝るとも劣らない景気浮揚効果が期待できるかもしれない。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート