ホームへ 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

東京タワーの
クリスマス

2011年もクリスマスシーズンとなり、都内もいろいろな施設でイルミネーションが輝いている。わが港区では、汐留や六本木のものがファンタジックで人気があるそうだ。そこへいくと、いつもライトアップされた姿を見慣れているせいもあって注目度が今一つの東京タワーだが、なかなか洒落た光の演出を行っている。
まず足元の正面入口付近では、高さ14mというクリスマスツリーを中心にイルミネーションが輝く。青白い光が流行する中にあって、温かみのある赤や黄色、オレンジといった暖色系の光を多用しているのが特徴だろう。さらに注目されるのは「東京タワー クリスマス・ライトダウンストーリー」と銘打った企画である。毎夜7時30分になると、タワーのライトアップが一斉に消え、30分間に及ぶ音と光のライティングショーが始まる。クリスマスソングに合わせて、タワー全体に無数のライトが踊り、大展望台に浮かび上がるハートマークが楽しい。
傍らには木製の小屋が立ち並ぶドイツのクリスマスマーケットを模した一画があり、ビールやワイン、スープ、ソーセージ、ドイツのパン等が用意されている。ちょっと冷えたのでグリューワインとグーラッシュをいただく(写真下右)。グリューワインは砂糖やシナモン、オレンジピール、その他香辛料を加えて過熱した甘くて温かいワイン、彼の地のクリスマスの名物だそうだ。一方のグーラッシュは、牛肉と野菜がたっぷり入ってシチューのようだが、メインディッシュではなくスープのような存在らしい。これで600円と700円は、やはり観光地価格かと思えるが、結構暖まる。ライトダウンストーリーは25日まで、マーケットは27日まで実施とのことである。

CONTENTS

新春に鷹を観る

七福神がやってきた

鏡開き+どんど焼のご利益

二大福の神とご対面

町村の元気をいただく

1月31日は愛妻の日

無料バスでミュージアムめぐり

節分祭で福を授かる

芝公園の梅まつり

美味しくてためになる食育の催し

日比谷で食おうぜ!

大使館を旅して国際体験

コンサートホールで遊ぶ

皇居・乾通りの特別な春

花まつりの日

テニスの聖地、親子連れで賑わう

5月5日は何の日?

菖蒲に勝負を祈願して

大祭に江戸の町人気質を見る

東京港で船と遊ぶ

東京の「島」に親しむ

天下祭の伝統に触れる

巨大な獅子が街をゆく

お昼休みに千日詣り

楽しさ広がる東京湾クルーズ

行った気分の「京の夏の旅」

雨も楽しき七夕祭り

東京の夏、本番

歴史を刻む盆踊り

小一時間、楽しんで

宮神輿は船に乗って

築地の美味しい盆踊り

おどりゃ心も丸の内

夏の名残のメキシコ祭

生姜祭り
宮神輿渡御に湧く

赤坂に江戸の賑わい

お江戸の活気 品川宿

「出世の石段祭」湧く

人形町の人形市

レトロが楽しい街へ

丸の内の成熟した賑わい

丸の内式ハロウィン

銀座の神社をたずねて

日比谷公園の新酒ワイン祭り

海の恵みにふれる大学祭

比谷公園の「収穫祭」

新虎通り、初の大イベントに湧く

麻布十番福づくし

築地の酉の市

冬は「鍋」!

東京タワーのクリスマス

クリスマスピラミッドの下で

キャンドルの地上絵

優しい光のキャンドルパーク

サカスでスケート