ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

イタリアの空気

ピカピカの超高層ビルが建ち並ぶ「汐留シオサイト」は、旧国鉄の汐留貨物駅跡地に誕生した新しい街だ。だが、実は既存の街並みを再開発したエリアも含まれている。浜松町寄りのJR線路の西側、国道15号との間に位置する、5区イタリア街と呼ばれる街区である。イタリアのエミリア=ロマーニャ州にあるレッジョ・エミリアという小都市を参考に建物の規制を厳しくし、統一感のある落ち着いた街並みを実現しているとのこと(写真左)。無機質で威圧的な超高層ビル街を抜けてここに来ると、ちょっとほっとした気分になれる。“写真映り”も良いため広告写真の撮影やドラマのロケが多く、近くに事務所を借りた知人が「通りかかるといつもそれらしきシーンに出会う」と語っていた。
さて、イタリア街を浜松町方面へ抜けJR線路のガードをくぐって東側に出ると、そこは3区にあたり、港区が管理する「イタリア公園」がある(写真右)。イタリア街に先駆け、2003年10月にオープンしている。何の前知識もなく訪れると「何だこれは?」という感じだが、侮ってはならない。「日本におけるイタリア2001年」を記念し、両国の友好を願って、イタリアから寄贈された意義深い公園だそうである。しかも造園産業では伝統のあるイタリアのトスカーナ州の業者によって提案された古典的なイタリア様式で作られている。目を引くいくつもの彫像は、すべて現地の職人と彫刻家の作品であり、鋳鉄製の伝統的な電灯など調度用の材料もみな現地の専門企業から調達するという徹底ぶりだ。つまり本物のイタリアの庭園なのだ。汐留でイタリアの空気に触れようではないか!

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?