ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

愛煙家にやさしかったのに…

日比谷シティの日比谷国際ビルヂングと富国生命ビルのあいだに、ご覧のようなスペースがある。つい先月までここはスモーカーの溜まり場であり、つねに煙が漂っていたものだが、灰皿が封鎖され、清浄な空気が戻ってきた。元灰皿だった場所には、所定の喫煙所を利用するようにと書いてある。その「所定の喫煙所」は、国際ビルヂングの地下2階にある。
日比谷シティの周辺は、屋外の喫煙可能な場所が次々と閉鎖されていった。1カ所が閉鎖されると、そこで喫煙していた人が別の喫煙可能場所に移動、元からそこを利用していた人と合わせて煙量が増える。多分、苦情があるのだろう。そこもやがて閉鎖され、残された喫煙場所の人数がさらに増え…という、さまよえる日比谷スモーカーズの放浪も、これで終着駅のようだ。私の知る限り、屋外の喫煙場所はすべてなくなった。
ところで現在、コンビニエンスストア業界では「タスポ特需」という言葉が語られている。7月1日より、成人識別ICカード「タスポ」がないと自動販売機で煙草が買えなくなったのだが、タスポの申込みをしていないモノグサなスモーカーがコンビニで煙草を買うことで、コンビニの売上げが伸びているのだ。
この国際ビルヂングの喫煙所にも入口に煙草売場があり、対面式なのでタスポ不要で買える。まさか、この売上げを狙って、表の溜り場を閉鎖したわけじゃないでしょうね(冗談です)。

CONTENTS

繁華街の生涯学習センター

指定喫煙場所のある風景

西新橋は森ビルの原点

南桜公園に桜咲く

プロメテウスの遷座

ビジネス街の女神

道路沿いのテラス席

どこでも腰かけ文化

よみがえる東京駅

全国農業高校収穫祭に思う

郵便局はショッピングセンター

バスで観て歩いて愛でる桜かな

大手町の森の驚き

屋上に緑が育つ

江戸の舟めぐり復活?

『麒麟の翼』の日本橋と水天宮

こんな所に新設の銭湯

銀座ミツバチ物語

無料の首都高

築地でバーベキュー

昔も今も最前線

晴海に海保の練習船来る

築地から豊洲へ

環状2号線、豊洲へ

海上から見た「東京港」

東京湾に「森」が育つ

「赤船」出現

隅田川の新しい橋

隅田川をゆく宇宙船

15分間のミニクルーズ

天王洲の新スポット

近未来的な都市公園の風景

東京モノレール再発見

川から見つめる都会

変わる御茶ノ水駅聖橋口

低予算バスの旅

都心を快適サイクリング

ウインドーの中の祭具

お寺で過ごす昼休み

歴史ある小学校が消える

アークヒルズの庭を歩く

トンネルと公園の物語

六本木で出会う「花子とアン」

「聖地」に合掌