ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

境内でアート鑑賞

2001年に竣工した愛宕グリーンヒルズ。超高層のツインタワーに挟まれるようにして、立派な近代建築の山門を持つ寺がある。青松寺という。江戸城を築城した太田道灌によって1476年に今の麹町に建立され、徳川家康の江戸城拡張事業の影響で当地に移転してきた歴史ある寺である。しかし、関東大震災や戦災によって壊滅的な被害を受けたため歴史を感じさせる建物等は少なく、森ビルが手がけたこの大規模再開発事業によって今日の姿に生まれ変わったのだそうだ。
境内は愛宕グリーンヒルズと一体になっていて管理が行き届き、散策するのも気持ちがよいが、アートスペースとして鑑賞するのも面白い。山門でにらみを効かせる四天王(写真左下)、壁に埋め込まれた龍(右上)、大きな観音様、キモカワイイ子供のお釈迦様のような像(右中)、そしてまたまた怪しげな十二支のオブジェ。特に奇妙なのが「丑」で、頭に角が生えた子供の姿をしている(右下)。どこかで見たような…と思って懸命に思い出してみると、平城遷都1300年祭のマスコット「せんとくん」にそっくり! 改めて調べてみたら作者は同じ、多くのファンを持つ彫刻家、籔内佐斗司氏。実はあの四天王も、龍も、子供のお釈迦様(「誕生童子・花祭りの童子」と呼ぶらしい)も彼の作品だ。今回の寺の大改修には彼の工房が深く関わっており、この他にもさまざまな作品が制作され、納められたとのこと。建物の中にあって非公開のものもあるが、パブリックスペースの作品だけでも一見の価値あり、であろう。
なお、青松寺の境内からは愛宕神社まで遊歩道が延びている。出世欲のない方なら、有名な「出世の石段」を“下って”帰るのも一興かも。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?