ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

紀尾井町に建つ哀悼碑

地下鉄赤坂見附駅を出て、弁慶橋を渡り、右にグランドプリンスホテル赤坂を見ながら歩いていくと、間もなく千代田区立の清水谷公園に至る。
このあたり、赤坂プリンスがあるから港区赤坂と勘違いしそうだが、千代田区紀尾井町である。江戸時代に紀伊徳川家、尾張徳川家、井伊家の屋敷があった場所で、明治5年、それぞれの頭文字をとって町名が決められた。公園のある場所は、ちょうど紀伊家と井伊家の屋敷境にあたり、谷のようになって清水が湧き出ていたことから、清水谷と呼ばれていたそうだ。公園の名は、これにちなんでいる。
一見しただけでは、どうということもない公園だが、中央に大久保利通の哀悼碑がある。高さが6メートルもある立派な碑だ(写真中)。「大久保利通って誰?」と思う方も多いと思う(実は私も…)。高視聴率を稼いだNHK大河ドラマ「篤姫」にも登場したが、同じ薩摩出身の西郷隆盛とは最初は盟友、後の西南戦争では敵同士になった。負けた西郷のほうが世間での人気がぐんと高いのがいかにも日本的だが、大久保は明治政府誕生に大きな役割を果たし、自らが内務卿(今でいう内閣総理大臣)として権力の中枢に上った人物である。ただ、その強権と専制ぶりに不満を持つ者も多く、明治11年(1878)、霞ヶ関の自宅から赤坂の仮御所に向かう途中に暗殺されてしまった(紀尾井坂の変)。哀悼碑は、ここがその政変の現場であったことを今に伝えている。
そうした歴史はさておいても、ホテルニューオータニの白いタワーを間近に望む緑多い公園は、都心の心地よい風景の1つである。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?