ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

江姫ゆかりの八幡さま

メトロ神谷町駅から3分ほど南へ、国道1号線・桜田通りに面して西久保八幡神社の参道がある。都内では珍しくない、ビルの谷間の小さな参道である。近くにある愛宕神社とは比較にならないが、結構急な石段がついている。苦労をして上ってこその有難さ、聖なる場所は高き所にあるのだ。上りきると、空気が変わる。
今年2011年が御鎮座一千年の記念の年だそうだから、かなり歴史のある神社である。最初は霞ヶ関あたりにあったが、太田道灌が江戸城築城にあたり1457年に現在地に移したという。八幡(はちまん・やわた)神社というのは稲荷神社に次いで数が多く、全国に2万5000社ほどあるとされる。歴史的には武士の台頭とともに特に武運の神様として信仰を集め、この西久保八幡神社には、今年2011年のNHK大河ドラマの主人公「江」が、関ヶ原の戦いに出陣した徳川家康と夫・秀忠の戦勝を祈願し、成就したお礼に社殿の建立を申し出、子の家光がそれを実現したという話が伝えられている。その後、火災や戦災で何度も建て替えられ、現在の社殿は昭和28年(1953)の築とされるが、それでも60年近くを経過しており、都心にありながら、昔懐かしい神社の雰囲気をよくとどめている。
訪れた6月は、半年間の穢れを祓う「夏越の大祓」(なごしのおおはらい)という行事が多くの神社で執り行われる月で、そのシンボルともいえる「ちがや」で作られた「茅の輪(ちのわ)」が飾られていた。説明書きにあるとおり、左足でまたいでくぐって左回り、次に右足でまたいで右回り、もう一度左足でまたいで左回り、最後にまた左足でまたいで神前に進み、二礼二拍手一礼でお参りし、清らかな身になって戻ってまいりました。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?