ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

市民生活を支える水道

時間があれば、少し遠回りでも、メイン通りを離れて裏道を歩いてみるのもよいものだ。
東京タワーを間近にみるこの公園、港区芝公園の裏通りともいえる場所にある。小高い丘のようにもみえるが、実は鉄筋コンクリートの構造物の上だ。構造物とは半地下構造になった「配水池」のこと。残念ながら外からは見えないが、新しい水道水が常に循環しながら蓄えられ大規模震災時の備えとなっているそうだ。東京にはこうした緊急用の配水施設が200カ所ほどあり、103万立方メートルにも及ぶ飲料水が確保されている。その中でも、ここは8万立方メートルという大きな貯水能力を持つ、平成14年(2002)に大規模リニューアルされた東京都水道局芝給水所の施設である。
水道水は、浄水場から給水所を経て各事業所や家庭に配水される。東京都には12の浄水場と120余りの給水所があり、芝給水所もその1つではあるが、大変歴史的な1つということができる。
というのも、明治31年(1898)、淀橋浄水場(当時の東京府豊多摩郡淀橋町、現在の新宿区西新宿・北新宿)と本郷給水所、芝給水所の稼働をもって、東京の近代水道の歴史が始まったからである。現在見られる芝給水所の古い門(写真下)は、昭和40年(1965)に廃止された淀橋浄水場の門が移設され、平成14年のリニューアル工事の際に復元されたもの。また、旧芝給水所の煉瓦造りの建物の一部も配水池のコンクリートの壁に残され(写真中)歴史を伝えている。
当初1日当たり24万立方メートルだった東京の水道の施設能力は、いま686万立方メートルになっているという(給水実績は440万立方メートル)。日頃から目立たないところで大事な仕事を続けている方々に、心からの敬意を示したいと思う。
※数字は平成18年度現在

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?