ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

汐留川の上で(2)

会社から汐留川のあとを下ってみた。汐留川は新橋駅のあたりまでは明治時代に埋め立てられ、そこから先は1951~1963年にかけて埋め立てられ、さらに川の流れに沿って首都高が上空を走っている。首都高「土橋」出入口が新橋駅前にあるが、この名称は、まさのこの場所で汐留川にかかっていた橋の名前であったとのこと。
土橋からさらに下流に2つの橋があり、そのひとつが「新橋」の地名となっている。銀座中央通りに通じる道、つまり日本橋を基点とした「東海道」が汐留川をまたぐ橋である。現在、それを示すモニュメントが狭い面積で残されていた。
1710年、この橋を渡ったところ、つまり銀座の入口に「芝口門」が作られたのだが(1724年に門が焼失するまで新橋は「芝口御門橋」と呼ばれた)その門を描いたレリーフがあった。手前を流れているのが汐留川、門の向こうは銀座である。右に見える川は「三十間堀川」で、銀座が四方を川に囲まれた島であった様子を示している。三十間堀川も江戸時代に人工的に掘られた水路であり、1948年以降すべて埋め立てられた。
江戸時代の新橋付近は、水路を渡る舟によって物資や情報が頻繁に飛び交っていた街のようだ。私の足元の土地でも200年前、さかんに人と物が行き交っていたのだろう。それは今でも変らないのだ。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?