ホームへ戻る 祭、イベントへ 名所旧跡へ ショップ、商品へ 時代の断片、他へ

東京初の町立公園

新橋5丁目、駅から少し離れた、小さなビルが建ち並ぶ町の中にある「塩釜公園」は、1930年に開園した。面積は約840平方メートル。江戸時代に仙台藩の屋敷があった土地だ。関東大震災後、町民が憩える場所が欲しいという地元の声に応え、伊達家が愛宕下町会に寄付したことにより、東京初、というか唯一の「町立公園」として開園したとのこと。1972年に港区の区立公園となった。
公園の奥、緑深いゾーンは神社で、これは宮城県塩竃(しおがま)市にある鹽竈(しおがま)神社の、いわば伊達家用出張所だ。鹽竈神社は古来より、東北鎮護の神社として、また陸奥国の一之宮(地域で最も社格の高い神社)として、奥州藤原氏をはじめ同地方の支配者の崇拝を集めてきた。とくに伊達家は崇敬厚かったとのことで、この神社は、参勤交代制度により江戸に住むことになった伊達一族を、精神的に支えてきたのだろう。
これらの縁起は、さりげない場所にある石碑にきちんと記されている。気がつきさえすれば、東京のあちこちに、過去の人々と現在の私たちをつなぐタイム・トンネルが存在しているのだ。

CONTENTS

旧新橋停車場にエール

イタリアの空気

封印された怪物たち

芝離宮に梅の便り

関心高まる「徳川家霊廟」

浜離宮でお花見

高さ50mの海上を歩く

「黒船」の影

晴海埠頭の非日常

防災を考える公園

工業地帯の残像

古代インドに出会う

薄れゆく「島」の記憶

明治丸、再び美しく

眠れる可動橋

偉容を競う三田の建築物

赤レンガの館のあるキャンパス

大学として現代を生きる公爵邸

白金のキャンパスに建つ洋館

白金の東京大学

桜を愛でつつ墓マイラー

乃木坂の特別な日

赤プリ旧館の貴重な1日

江戸城外堀の眺望

カナダ大使館の感動

公園はミステリー・ゾーン

赤坂の宮殿を身近に感じる日

赤坂の“森”に迷い込む

出世の石段

チューリップ咲く庭

もみじ谷、色づく

大官庁街建設の夢

桜田門の桜

天守台に立って

「北の丸」で一休み

北の丸の赤レンガの館

縁結びの神社、活況

バラ香る屋上庭園

ビルの谷間の聖域

ピカピカの歴史的建築物

時を閉じ込めたオフィスビル

都心に残る復興小学校

橋の記憶

江戸の大橋の面影

東京のパナマ運河?